5EMA2回目のブレイクを狙うスキャルピング手法

3

海外FXで効果が発揮できそうな、短期的なFX手法をピックアップして紹介しております。

この手法は当サイトと管理者が同じである「FX Works」から引用しております。
手法の概要等は右記のページからご覧ください。⇒ https://fx-works.jp/5ema2/

 

1スキャルピングの手法は複雑です。マルチタイムフレーム分析を使うか、それともマルチタイムフレームのインジケーターを使うか。

いずれにせよ複数の時間足といった、多角的な目線が不可欠です。それは5分足以下のチャートには、ダマシが非常に多いことと関係しています。

しかし、あるルールを追加するだけで、単一のチャートだけでトレードは可能です。今回はそのようなトレード手法をご紹介します。

 

移動平均線1本で取引可能

2時間足は1分足単体です。1分足を使うことで、空いた時間に取引できるのがこの手法の最大のメリットになります。

使うインジケーターは、移動平均線「EMA5」理由は分かりませんが、SMAよりもEMAの方が、勝率が良かったです。

それでは、EMA5を使ったタイミングの取り方です。

1.この手法は安値、高値でポジションを保有する逆張りです。

2.買いを例にすると、安値圏で推移している時に、EMA5をローソク足が終値で上抜けするのを確認します。ここでは、まだエントリーは行いません。

3.次に、今度はEMA5を終値で下抜けする動きを確認します。これは、価格の戻しが多ければ多いほど、後に信頼度が高いサインになります。

4.エントリーをするのは、上記2つのEMA5抜けを見てから、3回目のEMA抜けです。3回目は、上抜けを確認することになります。陽線の終値で抜けたら、成行で買いポジションを持ちます。

分かりやすくいえば、このサインが出る状況というのは、2回反転を待つということになります。

つまり、底や天井を2回確認している事を意味しますので、精度が高い位置取りが出来るということです。

※ユーロ円1分足 エントリーイメージ

3

 

損切りと利食い

4損切りについては、シンプルで構いません。安値ブレイク、高値ブレイクに設置して下さい。

利益確定は、これはご自身の経験と性格から決めた方が良いと思います。例えば、利食いを待てない人は、勝率重視で早め。利食いを待てる人は、ストップを切り上げるルールでも良いです。

自分の場合は「利益が損失の3倍」になるような設定値を常に意識しています。

※ユーロ円1分足 決済イメージ

5

 

マルチタイムフレーム分析で勝率アップ

6この手法はロウソク足と移動平均線を目安にエントリー判断をしているため、単一のチャートでも比較的に高い勝率を誇ります。

しかし、取引回数は激減しますが、例えば5分足や15分足のマルチタイムフレーム分析を加えると。更に勝率が上がります。

取引回数と勝率のバランス。この調整はトレーダー個人に委ねられますが、研究を重ねれば最良の手法が誕生するかもしれません。

 

FXで勝てない・・と悩んでいる方に朗報!

FX LoNy「無料会員登録」で得られる5つのメリット

【21通貨対応】最強トレンドツールが使い放題!
高機能なエクセル検証ツールもプレゼント!

FXは"トレンド"さえ把握できれば勝てるんです!



cta

当サイトの会員になることで、FX投資を有利に進めることができる多くの「メリット」を得られることができます。トレードに便利な高機能なツールが使い放題!毎月開催のプレゼント企画などなど。

FX初心者も上級者も、是非運用にお役立てください。 今なら会員登録は無料で行えます。