ボリンジャーバンドとピボットを利用したトレンドフォロー手法

strefda

海外FXで効果が発揮できそうな、短期的なFX手法をピックアップして紹介しております。

この手法は当サイトと管理者が同じである「FX Works」から引用しております。
手法の概要等は右記のページからご覧ください。⇒ https://fx-works.jp/borin_pivott/

 

1ボリンジャーバンドとピボットを利用したトレンドフォロー手法です。

ボリンジャーバンドは期間200で1σ、2σを表示させます。あとはピボットを表示させます。使用するインジケーターはこの2つです。

 

上位足を確認して下位足でエントリー

2エントリー時間足は私は5分足です。15分足でもいいと思います。

まずは日足、4時間足、1時間足でのトレンド状態を見ます。

例えば日足が下降トレンド、4時間足がレンジ、1時間足が下降トレンドだった場合、下降トレンドに2票入っていると判断し売り目線の戦略をたてます。

逆に上昇トレンドに2票入っていたら買い目線です。2票以下の場合はその通貨は見送ります。

【売り条件】
・上位足のトレンドが2つは下降トレンドである。
・ローソク足がピボットを下抜けてかつミドルラインより下にある
・ブレイク、戻りを我慢して待つ

【買い条件】
・上位足のトレンドが2つは上昇トレンドである。
・ローソク足がピボットを上抜けてかつミドルラインより下にある
・ブレイク、押しを我慢して待つ

基本的にはこれだけです。

テクニックとしてR1、R2、pivot、S1、S2そしてボリバンのミドルラインと1σはサポートやレジスタンスになりやすいため常に意識しておきます。

画像で具体的に説明しますと上位時間足では売り優勢と判断しました。

3

最初の矢印の前ではレンジ相場でもみ合っていますがpivotラインを抜けてレンジをブレイクしました。ここで売りエントリーを入れます。

もう2、3本前のローソク足でエントリーでもよさそうですがボリンジャーバンドの幅が広がる(トレントの発生)のを確認してからエントリーしました。

2つ目と3つ目の矢印ですがボリンジャーバンドの-1σがレジスタンスとなり戻り売りでエントリーです。

必ず陰線が確定し反発したのを確認してからエントリーです。飛び乗りは厳禁です。

※ボリンジャーバンドはあくまでサポレジや決済に利用します。間違ってもトレンドに逆らった逆張りの用途では使用しません。

 

利益確定と損切りの設定

4損切りについてですが直近の高安値でもかまいませんしサポレジになり得る各ラインでもかまいません。15pips程度に固定してもかまいません。

資金管理に基づいて許容できる範囲で設定されるといいと思います。利益確定ですがこれも各ライン、またはボリンジャーバンドを利用します。

基本的に目標のラインまで到達して十分な利益が取れていると判断したら利益確定でいいと思います。

最初のエントリーですがS2ラインにタッチした時点で利食いました。2番目のエントリーはボリンジャーバンドの-2σにタッチしたところで利食いました。

もちろん青色のLBOPラインまで粘って利食いでもいいのですが今回のようにもしLBOPまで到達しなかった場合は欲張らず-2σ内にローソク足が入り込んできたところで決済するのがいいと思います。

3番目のエントリーですが先にLBOPに到達しましたがそのまま一気に-2σまで到達しましたので-2σで利食いとなりました。

5

 

インジケーターの数が多い程混乱する

5トレンドフォロー手法では、ある種どんな手法でもどんなインジケーターを使っても勝てるのかもしれません。

ですが、私はいわゆる売れ筋の商材なども試してみましたが、勝つことはできませんでした。ですので自分自身で手法を考えてみようと思い行き着いたのがこの手法でした。

いろんなインジケーターを表示させチャートが見づらくなり混乱し、インジケーターの数が多いほどチェックポイントが増え混乱し・・・結局はこの2つのインジケーターのみを表示させ、自分でルール決めをしてそれを絶対に守るというようにしました。以上になります。

 

FXで勝てない・・と悩んでいる方に朗報!

FX LoNy「無料会員登録」で得られる5つのメリット

【21通貨対応】最強トレンドツールが使い放題!
高機能なエクセル検証ツールもプレゼント!

FXは"トレンド"さえ把握できれば勝てるんです!



cta

当サイトの会員になることで、FX投資を有利に進めることができる多くの「メリット」を得られることができます。トレードに便利な高機能なツールが使い放題!毎月開催のプレゼント企画などなど。

FX初心者も上級者も、是非運用にお役立てください。 今なら会員登録は無料で行えます。