ダウ理論でトレンドを確認し2つの移動平均線でエントリー

pro

海外FXで効果が発揮できそうな、短期的なFX手法をピックアップして紹介しております。

この手法は当サイトと管理者が同じである「FX Works」から引用しております。
手法の概要等は右記のページからご覧ください。⇒ https://fx-works.jp/dow-trend/

 

1はじめまして。サイト参考にさせていただいてます。

自分が主に使っているツールは「移動平均線」です。移動平均線は売買の攻防を分析する目安になります。価格が移動平均線よりも上なのか下なのかで、「トレンドがどのような状況なのか?」を把握できます。

これはどの時間足を使っても同じで、15分足や5分足を利用するデイトレードの場合は移動平均線は必須であるといえます。

そこで今回は、この移動平均線の特性を利用した5分足のトレード手法をご紹介します。

 

取引ルール

2取引を行う通貨ペアですが、何でも大丈夫です。移動平均線のパラメーターは下記で、これを5分足に挿入します。

・パラメーター:EMA(10)・EMA(21)

5分足でエントリーをする前に、環境認識を行います。

1時間足と15分足を使い、直近の安値や高値を更新しているチャートを探します。つまり、ダウ理論を分析に用いるということです。

安値・高値を更新していたら、5分足で「2本の移動平均線がトレンド方向の角度になってから終値で上抜け・下抜け」のポイントで新規のポジションを建てます。

買いであれば、EMA(10)・EMA(21)ともに、上向きになってからということです。
つまり、1時間足や15分足では、押し目や戻しを待つ事になりますので、流れに沿ったエントリーをすることができるのです。

ボラが少ないドル円ですと、利確が「10pips固定」 動きがあるポンド円だと「20pips固定」しています。損切りについては、利確と同じ幅を見ます。

※取引イメージ

3

 

レンジ相場を回避できる

4移動平均線のみで分析していると、レンジ場であることに気がつかずに往復ビンタをくらう場合があります。

そのため、短期だけではなく、長い時間軸の相場の状況も頭に入れながら、エントリー判断をすると精度が高いトレードができます。

また、トレンド相場だけでなく、1時間足でダブルボトムやダブルトップを確認してからこの手法を使うと、成功率が高まります。

売買の均衡が崩れやすい箇所ですし、ネックラインとこの移動平均線を使えば、ダブルのサインとなるからです。参考にしていただければ幸いです。

 

FXで勝てない・・と悩んでいる方に朗報!

FX LoNy「無料会員登録」で得られる5つのメリット

【21通貨対応】最強トレンドツールが使い放題!
高機能なエクセル検証ツールもプレゼント!

FXは"トレンド"さえ把握できれば勝てるんです!



cta

当サイトの会員になることで、FX投資を有利に進めることができる多くの「メリット」を得られることができます。トレードに便利な高機能なツールが使い放題!毎月開催のプレゼント企画などなど。

FX初心者も上級者も、是非運用にお役立てください。 今なら会員登録は無料で行えます。