値動きの荒いポンド円でスキャルピングを行う

海外FXで効果が発揮できそうな、短期的なFX手法をピックアップして紹介しております。

この手法は当サイトと管理者が同じである「FX Works」から引用しております。
手法の概要等は右記のページからご覧ください。⇒ https://fx-works.jp/gbpjpy-sk/

 

1FXでスキャルピングするときに、最も大切なのが値動きの大きさです。ボラティリティとも言いますね。値動きが少ないと、スプレッドの取引コストで相殺されてしまい儲けが無くなってしまいますが、値動きが大きい場合は、スプレッド分以上にpipsを稼ぐことができます。

値動きが荒い通貨ペアとてよく知られている通貨ペアが「ポンド円」です。

昔はスプレッドが広すぎて、とてもスキャルピングが出来る通貨ではありませんでしたが、スプレッドが狭くなった現在は、FXでスキャルピングするときにピッタリな通貨ペアといえます。

米ドル円やユーロドルと比較すると、スプレッドは広いですが、値動きの荒さでカバーしてくれます。

 

エントリーはトレンドラインとストキャスティクス

2ポンド円のチャートは、1分足ではその値動きの荒さから翻弄されてしまうので、5分足と15分足のチャートを使用しています。

まず、15分足のチャートに「トレンドライン」を引いて全体的なトレンドを見ます。

トレンドラインが平行ならレンジ相場、右肩上がりなら上昇相場、右肩下がりなら下落相場、ラインの上限と下限が狭いときは小動き相場、広いときは乱高下相場と直感的に分かりやすいのがトレンドラインを使用するメリットです。

更に、5分足のチャートにもトレンドラインを引き、「ストキャスティクス」を表示させておきます。

エントリーのタイミングとしては、トレンドラインに価格が到達して、尚且つストキャスティクスが「デットクロス」したらショートをエントリーし、「ゴールデンクロス」したらロングをエントリーします。

基本的に上昇相場のときには押し目にロングするだけ、下落相場のときは戻りにショートするだけとし、トレンドに逆らわずにポジションを取ることが勝つ秘訣になります。

※エントリーイメージ

3 4

 

損切りと利益確定

5とにかく、値動きが激しいので売買サインが出たらすぐに注文をしたいところです。その為、新規注文には成行注文のみを使用しています。

成行注文が約定されたら、利益確定は反対の売買サインが出てから。または、利益確定水準の+20pipsまで到達したら決済をします。

損切りについては、思惑が外れて急に反対方向に為替レートが動いてしまっても間に合うように、-8pipsですぐに逆指値決済注文を入れておきます。

※決済イメージ 6

 

欧州市場・NY市場に絞って取引する

7トレンドに乗れたときは勝率が良くて結構稼げますが、小動きなレンジ相場になるとあまり上手くいきませんでした。

そこでオセアニア時間や東京時間は値動きが少ないので、値動きが活発になりトレンドが発生しやすい欧州時間や、ニューヨーク時間に絞って取引することで弱点を補っています。

 

FXで勝てない・・と悩んでいる方に朗報!

FX LoNy「無料会員登録」で得られる5つのメリット

【21通貨対応】最強トレンドツールが使い放題!
高機能なエクセル検証ツールもプレゼント!

FXは"トレンド"さえ把握できれば勝てるんです!



cta

当サイトの会員になることで、FX投資を有利に進めることができる多くの「メリット」を得られることができます。トレードに便利な高機能なツールが使い放題!毎月開催のプレゼント企画などなど。

FX初心者も上級者も、是非運用にお役立てください。 今なら会員登録は無料で行えます。