XMの約定能力@リクオート一切なしのスピーディーな約定力

スピード

海外のFX業者を利用する際に気になるのが「約定力」の問題です。

海外業者の利用が注目され始めた数年前には「リクオート」と言う事例が相次ぎました。

リクオートとは、相場がスリップして指値した金額で売買できず、異なる価格が提示されるといった「相当レベルの低い取引」のことですが、今ではかなりの海外業者はこうした状況を改善させ、約定力を高めるために不断の努力をしています。

とくに日本の顧客を獲得することに努力している会社は、約定力に非常に力を入れているのが現状です。そんな会社の一つとなっているのが「XM」なのです。

 

世界でも有数な約定力の高さがXM

王冠XMは世界23カ国の異なる地域のユーザーを相手にしていることから、かなり増強されたサーバーを利用しているようで、約定率は脅威の100%を実現しています。

また約定スピードも非常に早く最高値は「0.019秒」平均値でも「0.336秒」と発表されています。

すべての注文の「99.35%」は1秒以内に執行されていますので、国内の業者と比較してもかなりスピードがあることがはっきりと理解できます。

その昔はオーダーを出す個人のロケーションと、業者のサーバーに距離があるとスリップが出る、または約定しない、などという話がまことしやかに言われたものですが、いまや世界を相手にするビジネスのサーバーはそうした問題をもろともしていないことがわかります。

ユーザーの書き込みサイトを見ても、日本、海外ともにその「約定力」は高い評価を得ており、顧客満足度も非常にレベルが高いことがわかります。

約定

 

NDD方式はとくに約定が早く確実になる方向に

スピード

「NDD方式」というのは、社内には一切トレーディングデスクを置かず、カバー先にインターバンクを設定して、その中で最も適切な価格を提示してくれるところにオーダーを振り、そこにマージンを載せるだけの作業を電子的に行っています。

つまり、アルゴリズムの精度が高くなればなるほど確実かつスピーディに約定する方向に向かっています。XMはその最右翼にある存在であり、約定力の高さは世界的に見てもトップレベルにあるといえるのです。

国内の業者は、さすがに「リクオート」を出すところは無くなったものの、相変わらずスリップの激しいところは多く、経済指標が発表された後などは、うまく約定しない業者も依然として存在しています。

それに比べますとXMのサーバーはかなりしっかりしており、その総合的な約定力も高いことが実際に使ってみると強く実感させられます。

この会社がどのようにサーバーを構築して世界的なオーダーに対応しているのかは開示されていない為わかりませんが、相当によく考えられたシステム構築がなされていることだけは事実のようで、約定力の面からみても、安心して取引のできる業者であるということが言えます。

DD方式とNDD方式の違いを徹底解説!どっちがいいの?

2016.08.02

 

FXで勝てない・・と悩んでいる方に朗報!

FX LoNy「無料会員登録」で得られる5つのメリット

【21通貨対応】最強トレンドツールが使い放題!
高機能なエクセル検証ツールもプレゼント!

FXは"トレンド"さえ把握できれば勝てるんです!



cta

当サイトの会員になることで、FX投資を有利に進めることができる多くの「メリット」を得られることができます。トレードに便利な高機能なツールが使い放題!毎月開催のプレゼント企画などなど。

FX初心者も上級者も、是非運用にお役立てください。 今なら会員登録は無料で行えます。