XMにおけるiAccountの利用について

XMではほぼ2年ほど前まで「XMカード」という独自ブランドによるデビッドカードを発行しており、このカードに出金することで銀行を経由しない形でコンビニなどのATMにおいて出金ができるというなかなか便利なサービスをいち早く導入していました。

しかし国内の金融庁からの厳しい圧力でカードのシステム提供会社であるマスターカードが日本国内でこの領域のビジネスから撤退することとなったため、XMカードもほぼ同様の仕組みもっていたネッテラーのデビッドカードも国内ではまったく使えない事態に陥ってしまったのです。

【悲報】XMカードサービスの提供が終了となる

その後「Mybitwallet」が登場するまでは基本的に出金を海外送金で銀行から受け取るしか手がなかったのですが、ここへきて新たに導入されることになったサービスとなっているのが「i-Account」というサービスになります。

「i-Account」を運営しているのは「iAccount Services (HK) Limited」という香港会社ですが、金融系のライセンスをもっているのは 「I-ACCOUNT SERVICES (PH) INC」 という企業であり、フィリピンにある口座で入出金を行い、個別の顧客のバーチャルなネットアカウントに振り分けるというやり方をしているようです。

ただ、この会社はあまり評判のいいところではなく、決定的な問題が起きているわけではありませんが、もう一つ信用度に欠ける部分があることは確かなようです。

ただ、海外FXで出金をしたいと考える国内の個人投資家の意向についてはよく研究されており、たくみなサービス内容が人気を博しつつあるようです。

 

特定国の金融機関に依存しない形のオンライン上のマルチカレンシー口座

XMでは出金専用のサービスとしてこの「i-Account」を導入していますが、あらかじめ口座を開設しておけば無料かつリアルタイムでこの口座に出金が可能となるのです。

「i-Account」はいうなれば特定国の金融機関に依存しない形のオンライン上のマルチカレンシー口座ということができます。

その目玉となるサービスはなんといっても、あらかじめ作成しておいた「無記名のプリペイド型のデビッドカードに出金できる」ことで、その昔に「XMカード」で実現できた、コンビニなどのATMから出金が可能となるのが大きな特徴となっています。

デビッドカードへのチャージとATMからの出金に関しては応分の手数料がかかりますが、国内の民間金融機関一切通過しない形で資金を戻すことができます。

しかも無記名デビッドカードを利用し引き出すことができるので、何の痕跡も残さずに国内に資金を戻して現金として受け取ることができるのが大きなメリットとと言えます。

 

出金にそれなりのコストがかかるのが玉に瑕

国内におけるコンビニなどのATMの引き出し手数料は引き出し額に対して2%ですが、最低手数料が3.5ドル、最高手数料が7.5ドル(800円程度)となります。

ここまでは「Mybitwallet」を利用するよりも安いように感じますが、このプリペイドカードはカード会社自体の設定条件から米ドルベースであるため日本円で引き出しますと、引き出し額面に対して3%の手数料がかかります。

また1日の引き出し額の上限は2000ドル(ほぼ21万円)となりますから、多額な資金は複数日にわけて引き出す必要があり、その都度手数料がかかるのが痛いところともいえます。

たとえば20万円を引き出す場合には、600円ほどの為替手数料に上限800円のATM手数料がかかりますから「合計1400円」ほどの手数料を支払うことになり、「Mybitwallet」のように「一律824円」で指定口座に着金するのに比べればかなり高い手数料を支払うことになります。

ただ、ソニー銀行などで2500円のコストを支払って海外送金するよりはかなりましな存在ということも言えます。

 

どうしても日本の銀行経由で資金を戻したくない人のソリューション

こうしてみますと、「i-Account」は「なんとしても国内の銀行経由で資金を着金させ引き出したくない人」のためのソリューションとみることができます。

たしかに一回100万円の超える海外からの送金はすべて銀行からもよりの税務署に連絡がいくようになっていますし、最近では海外からの送金受け取りにはマイナンバーの提示も銀行から要求されますので、痛くもない腹を探られる仕組みが着々と出来上がっていることも確かです。

またXMカードなどで一旦はダメになったデビッドカード支払いを無記名という商品の導入で再度復活させたという点では、かなりこの業者も努力してサービスを開発したということは間違いありません。

全体的にみますと、サービスの安全性や透明性、運用主体の企業などから考えますと「Mybitwallet」のほうが安全で安く、透明性も高いものといえそうです。

よほど国内金融機関を通して出金したくないという事情があるのであれば別ですが、普通に使うのであれば「Mybitwallet」の利用のほうに軍配があがりそうです。

Mybitwallet~ネッテラー、XMカードを凌駕する格安出金ソリューション

FXで勝てないと悩んでいる方に朗報!

〇 FX LoNy会員登録で得られるメリット

・便利なFXトレンドツールが使い放題!!
・高機能エクセル検証ツールもプレゼント!

~FXはトレンドさえ把握できれば勝てる~



cta

当サイトの会員になることで、FX投資を有利に進めることができる多くの「メリット」を得られることができます。トレードに便利な高機能なツールが使い放題!

FX初心者も上級者も、是非運用にお役立てください。 今なら会員登録は無料で行えます。